お知らせ

平成27年10月6日開催のTKC書面添付フォーラムに参加

平成27年10月6日にさいたま市のホテルブリランテ武蔵野にてTKC関東信越会「書面添付フォーラム2015」が開かれました。当日は71事務所102名が参加し、国税局からも書面添付の状況等について説明をいただきました。
不肖ながら私、平成の27年度からTKC茨城支部の書面添付委員会の委員長を拝命しております。
税理士法第33条の2に規定されている書面添付実践は、税理士としての使命とも言える重要事項です。
書面添付とは、税理士が申告書について計算、整理した内容の過程を明確にすることにより、法令等を遵守し、適正な申告書を作成していることを表明するものです。
このことにより、税務調査が回避または軽減されることによって、税務行政の円滑化や簡素化が図られることになります。ひいては、納税者擁護となる制度です。
今後、この重要なテーマの下、勉強会や研修等へ積極的に参加し、関与先様への理解や協力を求めながら普及に務めていきたいと考えます。

昨年に引き続き相続税・財産評価のシステム研修講師を務めました。

平成27年10月2日に水戸市の開発公社、9日につくば市の茨城SCGサービスセンターにて、合わせて12事務所から14名の参加者に集まっていただき、相続税編のシステムを中心とした研修会が開催されました。
講師を務めさせていただきましたが、相続に関する実務上での具体的な事例や体験談なども参考になればと思い、お話しさせていただきました。今後の参考にしていただければ幸いです。

平成26年度相続税・財産評価のシステム実務研修の講師を務めました。

9月26日、つくば市の茨城SCGサービスセンター研修室の会場に7会計事務所8名の方々にご参加いただきました。参加された方からは、「税制改正・システム改訂を確認しながら、システム操作の再確認ができてよかった」、「細かな部分で利用していなかったシステムの機能があったので、これからは利用していきたい」などの声が聞かれました。次回は、10月8日(水)に茨城県市町村会館にて開催予定があります。

鹿嶋市の子ども・子育て支援新制度事業をサポート

この制度は、全ての子どもの健やかな育ちを等しく保障することを目指して、平成27年度から本格施行されます。 その事業の一つである地域型保育事業の「小規模保育施設」の認可・申請について、当事務所が医療法人様と個人事業主様の2事業所様から依頼を受け、鹿嶋市に対して認可書類作成のお手伝いをさせていただきました。 当事務所では、子ども・子育て支援新制度に係る認可・申請手続きや税務・会計面での相談支援を行ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

大川雅春税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
関東信越税理士会所属
お気軽にお問合せください。
大川雅春税理士事務所
TEL:0299-77-5412
okawa-mh@tkcnf.or.jp